ダイレクトメールはピンポイント広告可能

広告を行う時、新聞などに差し込んでもらって配布することがあります。この時は新聞を配達する一円に広告を出します。当然その分の用紙が必要になります。そのコストなどはかなりかかることがあります。多くの人が来てくれるのであればその分も吸収できるでしょうが、ある程度人が決まっているような業種であればあまり広く配ったとしても意味がありません。出来れば限定したいこともあります。ダイレクトメールはピンポイントに送り先を決めて広告を出すことが可能です。こういった家庭、こういった会社などこちらで自由に決めて送ることができます。最初に件数などを決めることができるので無駄な印刷をすることもありません。使えなかった広告いついては場合によっては別の時にもう一度使うことが出来る場合があります。使いきらない時は何度かに分けることができます。

ダイレクトメールはカラーが可能

広く企業などに広告を出す時、メールであったりFAXを利用することがあります。メールにおいては基本的には文字情報になります。HTMLなどで送信することもできますが企業によっては受けないようになっていることがあります。FAXもモノクロが基本です。こちらでカラーで送信したとしても相手がカラーで印刷してくれるとは限りません。モノクロだと訴える印象が少ないです。ダイレクトメールの利点としてはカラーで印刷をして送信できるところです。相手にもカラーで見てもらうことができます。商品を印刷する場合においてもカラーで見てもらうことができます。価格のお得差であったり、企業情報などにおいてもカラーで印刷して見てもらうことができるのでよりアピールをすることができます。はがきタイプであれば裏面に広告を出せばほぼ見てもらうことができます。

ダイレクトメールってうれしい

ここ数年は、ネットの普及により、一般的にも手紙のやり取りは急激に減り、便箋やはがきに文字を託すこともあまりしなくなってしまいました。メールやラインは、手軽で便利ですが、予想外のトラブルを招く恐れもありますし、逆に人間関係に拘束された変な気分になってしまいます。それでいて、繋がっていないと不安になるのです。手紙文化を味わった人間にとってはメール等は何と言っても少し味気ないのです。そんな中、おしゃれなショップからのダイレクトメールが届いたりすると、少しうれしくなったりします。おしゃれなお店のお洋服のカタログと一緒にちょっとしたメッセージが入っていたりすると、その日一日、何となく気分が良くなったりもします。もちろんお店側としては宣伝の意が込められているのですが、何となく自分の中に欠乏していた、直筆のあったかいメッセージを手にすると、正直ほっこりしてしまうものです。

見開きA3以上の大判ふちのり圧着DMも印刷OK。 圧着2ツ折はがきやふちのり圧着、通常はがきDMや小ロットオンデマンド印刷等が、当社のオススメ商品です! 2000部以上のDMを発送するならDMパックへ。 DM印刷、宛名印字、発送込。郵便料金が最大44%オフ!広告郵便物の申請手続OK。電話サポートで安心。 ダイレクトメール専門「DMパック」はサポート重視です。