カフェオレが好きな人に最適な深煎りコーヒー

カフェオレが好きな人は、珈琲豆にも、最適と言える珈琲豆を選ぶようにしましょう。基本的に、カフェオレには、深煎りコーヒーが似合います。深煎りの状態に焙煎されている珈琲豆を使用するということです。特にコロンビアは深煎りに咲いてきて巣。カフェオレにする場合は、酸味が少ないほうが、飲み口が爽やかであり、珈琲ならではのコクとミルクのハーモニーが見事に調和して美味しく感じられるのです。珈琲豆そのものに酸味が感じられやすいタイプの豆と、酸味が感じられなにくいタイプの豆とがあるのです。あまりにも酸味が強い珈琲豆は、カフェオレには使用せずに、そのままストレートコーヒーとして飲んだほうが美味しく感じられますし、酸味ならではの優雅さも味わえます。

しかしカフェオレに酸味が出てしまうと、同じ珈琲豆であるのにもかかわらず、やや風味が損なわれているかのよう感じられやすいのです。コロンビアというのは、まさしくコロンビア国で生産されている珈琲豆のことです。珈琲豆は、たいてい生産国や生産地域などの名称がつけられているものです。コロンビアは深煎りにすることで、珈琲豆の備え持っている酸味を消滅させてしまえるため、酸味ではなく濃厚なコクを徹底的に引き出してくれているのです。一般的にはコロンビアは深煎りだけではなく中煎りという焙煎具合でも好まれる傾向にあります。飲み口が爽やかなので、ストレートすなわちブラックで飲む場合には、中煎りでも美味しく感じられるというわけです。ミルクを多めにカフェオレにしたいという場合には、深煎りのほうが圧倒的に濃厚な風味を味わえます。市販されている珈琲豆は、エスプレッソ用を除くと意外なほど深煎りが少ないのですが、これには理由があります。珈琲豆を深煎りにすると、かなりギトギトとしてきてしまうため、日数の経過に応じて油脂分が滲み出てきてしまうため、べトベトした感じになってしまうのです。見た目に、あまり爽やかとは言えなくなってしまうので、深煎り珈琲豆の姿を知らない人には、抵抗感が感じられてしまう可能性があるのです。

しかし深煎りの珈琲豆でもギトギトしてしまわずに済む場合があります。自家焙煎珈琲の珈琲豆の場合です。特に焙煎したばかりの珈琲豆は、新鮮で、まったくベトベトしていません。焙煎したてでは、かえって珈琲豆としての味が薄く感じられることもあるほどです。自分の好みの珈琲豆の状態になるまで、自宅で管理して、好みの状態になるのを待つのが理想的です。焙煎が上手な自家焙煎珈琲は、珈琲豆の購入でリピーターとなる確率が高いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*